【会社設立】役員報酬の決め方

昨日、会社設立をご検討中の方とのお話し合いの中で、役員への給与(役員報酬)についてお話しいたしました。 Aさんは、 開業と同時の会社設立をご検討中です。

 

個人事業を営んだ後に、法人化するのであれば、どのくらいの役員報酬が支払えるのか、見当がつけられるのでしょうが、起業と同時の会社設立のため、役員報酬はいくらにすればよいのか皆目見当がつかないというわけです。

 

そもそもAさんは「収入があった時にだけ給与として払いたい。」というご希望をお持ちでした。

 

そこで役員報酬を支払うときには、次の決まりごとを守らないと経費にできないことをご説明いたしました。

①毎月定額で支払う。

②金額の変更は決算後1年に1回を目安に行う。

 

金額の決め方としては、

・月々の生活費としていくら必要なのか、という視点で決める方法

・1年間の損益の予算を組んで、その一部として報酬金額を決める方法

などがあります。

 

このお話し合いの結果、Aさんは、もう一度取締役にするメンバーを再考されることになさいました。

 

当事務所では、安易に会社設立をお勧めすることはございません。お客様のご希望をお伺いしながら、十分にご理解いただいた上で選択していただけるよう、わかりやすくご説明いたします。

 

 

市川税務会計事務所

初回のご相談は無料です

東京都世田谷区経堂1-11-9

      タジマビル3階

TEL:03-6804-4366

 

(平日受付時間9~16時)

 

 

 Skype対応可

  

対象地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県 、埼玉県

 

弁護士・社労士・FP・税理士による実務書日本法令

2015年12月発行

Rhythmoonにてコラム連載
Rhythmoonにてコラム連載

ファイナンシャルアドバイザー2015年2月号
生命保険を活用した事業承継対策」執筆

リテール営業で今すぐ使える税金の本(共著)
中央経済社
2013年8月発行

実務の現場からみたかしこい生前贈与と相続対策(共著)

2013年3月発行

A5版48ページ

¥315

ファイナンシャルアドバイザー2013年9月号
「生命保険を活用した中小企業の相続対策事例」執筆

お気軽にご相談ください

クラウド会計ソフトfreeeフリー

Twitter

Links